007の映画に登場するロレックス

ロレックスはスイスに拠点を置く、世界的に有名な高級時計メーカーです。たくさんの映画の中で登場人物たちがこの会社の腕時計を使用してきたのですが、長きに渡って人気を誇っているスパイアクション映画の007シリーズでも、主人公の007ことジェームズ・ボンドがこの会社の腕時計を着けている姿が映っています。007が着けている腕時計はボンド・ウォッチとも呼ばれ、このシリーズの多くのファンたちから注目されているのですが、「スカイフォール」を始めとする近年の007の映画では、この会社ではなくオメガの時計が登場しています。ただ「スカイフォール」などに主演している俳優のダニエル・クレイグは、プライベートでは大のロレックスファンということです。ではボンドウォッチとしてこの会社の腕時計が使われていたのはいつのことかと言うと、このシリーズが開始した1962年の第一作「ドクターノオ」にまで遡ることになります。この作品から第五作まで、そして第七作に主演していたショーン・コネリーは、作中でサブマリーナという腕時計を着用していました。そして次の第八作「死ぬのは奴らだ」から007役を務めるようになったロジャー・ムーアもまた、モデルは違うものの同じサブマリーナを着用していましたが、シリーズの途中からセイコーの腕時計を着けるようになりました。ただ第六作目にだけ主演していたジョージ・レイゼンビーは、サブマリーナ以外のモデルの腕時計も着用していました。これらのことから考えると、1962年のシリーズ開始から1970代の半ばまでは、ボンドウォッチと言えばロレックスだったということになります。